国立米子工業高等専門学校建築学科 玉井研究室

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国地区高専体育大会 卓球部

<<   作成日時 : 2009/07/08 14:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月4、5日に山口県周南市で、中国地区の8高専が集まって、体育大会がありました。

ご存知の方はいまさらですが、高専は高校と短大がつながった5年間の一貫教育です。
なので、1〜3年生は高校の大会(たとえば甲子園予選など)に、4・5年生は一般や大学などの大会に出ることができます。
しかし、1〜5年までの学生で競うことができるのは、この高専大会のみです。

僕は卓球部の顧問をしているので、この2日間は引率で周南に行ってきました。

卓球は徳山高専が強く、昨年も優勝していて、米子高専はいつも準優勝でした。

部員の気合は、「打倒!徳山高専!」、「めざせ!全国大会!」でした。
昨年徳山高専が全国大会で優勝しているため、中国地区からは2位まで全国大会に出ることができましたが、やっぱり全国に行くには「優勝」して、「徳山高専」に勝ってから、といった感じでした。

卓球は2日間の会期中、1日目はダブルスと団体、2日目にシングルスがありました。

まず、ダブルス。

米子の2チームは順当に勝ち上がりましたが、準決勝でBチーム(黒見・瀧)が徳山高専に敗れました。
しかし、その徳山高専を打ち破り、Aチーム(河野・大畑ペア)はいきなり優勝!
それもAチームはダブルの試合中、1セットも落とすこともなく、すべてを3−0で勝ちあがりました。

ダブルスの結果は、優勝と3位になりました。

この勢いで団体戦は、リーグを1位で抜けました。
しかし、今一つ調子の出ない徳山高専は、広島商船高専に敗れ、宇部高専にも危うく負けそうになりながらも、2位で決勝トーナメントに出てきました。

決勝トーナメントの1回戦でいきなり、米子高専VS徳山高専となりました。

徳山高専の選手もライバル心むき出しで、応援もすごい状況の中、試合が始まりました。

まずは、シングル1と2です。
ここで、シングル1の河野がダブルスでは勝っていた選手に負けてしまいます。
しかし、シングル2の1年生の河本が勝ち、1vs1に。

次はダブルスです。
優勝した、河野・大畑ペアでしたが、ここにきて本調子の徳山ペアは、午前中のダブルスの雪辱とばかりに力が入っていました。
試合は一進一退で、デュースに次ぐデュースで、選手のみでなく、応援の学生+引率+保護者も力入りまくりでした。
結果、3−2で辛くも勝ち、2vs1になります。

あとは、シングル3と4です。
ダブルスでの勝ちが効き、勢いに乗って一気に勝負が決まり、シングル3、4とも勝ちました。

結果的には、4vs1ですが、ダブルスで負けていたら、流れは徳山であったと思うほど、ダブルスが天王山的な試合だったと思います。

決勝戦は、リーグ戦で徳山高専を破った広島商船高専でした。
ここでも、シングルで1つ落とすものの、勢いに乗って、危なげなくダブルとシングルスをとり、優勝しました。
当然、昨年まで顧問をされていて、いままで学生を引っ張ってきた、先生は学生に囲まれ宙に舞いました。

2日目のシングルスは、みんな順当に勝ち進みますが、
準決勝で、米子同士でぶつかり、また、徳山も同校対決でした。
で、決勝はまたもや、米子vs徳山となり、またもや米子の黒見君が3−1で優勝!

これで、ダブルス、シングルス、団体とすべの種目で優勝となりました。

すばらしい、2日間でした。
学生のみんなに感謝でした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国地区高専体育大会 卓球部 国立米子工業高等専門学校建築学科 玉井研究室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる