国立米子工業高等専門学校建築学科 玉井研究室

アクセスカウンタ

zoom RSS インドでのこと #13

<<   作成日時 : 2009/05/13 08:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


今度は、きれいに脱型ができました。

パネル材を差し込むための溝を作るために、木材を埋め込んでいましたので、それをバールで取っている様子です。
パイロット工事を行ったとき(3月)のインドは、日本の夏のような季節で、平均気温で26度以上あったと思います。
にしては、コンクリートの初期強度が、今一つ出ていない。

セメントが風化していることが原因だろうと思います。

セメントは袋に入っていますが、徐々に大気中の水蒸気(湿気)と反応してしまいます。
店頭で売っているところを見ても、あまりその辺に配慮しているとは思えず、
かつ、今回使ったセメントも、中にはダマになった部分もありました。

そうでなくとも、初期強度は低いとも思えます。
溝状のアンコ材を脱型するときは、あと数日養生日数が必要だと思えました。

あと、羊羹のような支柱を連続して作ったので、たたきが不十分になり、最初の1本はいいのですが、
あとのものは片側からしかたたけず、下部にジャンカができてしまった。

初日はモルタルだったので問題にならなかったが、コンクリートにしたためジャンカが発生した。
日本では棒状振動機(バイブレーター)で振動を与えて行うので問題はないのですが、インドでは問題となった。

これも、今後の製作方法を考える上で重要な点であった。

次は、パネルの製作だ!
このモルタルには、中性洗剤を入れたぞ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
インドでのこと #13 国立米子工業高等専門学校建築学科 玉井研究室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる