テーマ:松浦鉄道

報告書に追われる!!

今年の6月に行った、熊本県小国町にある旧国鉄宮原線跡地に現存する、幸野川橋梁での竹筋調査の報告書を書いています。 とういうか、期限が~~~すでに過ぎています。が~~!。 現在、ラストスパート中です。 で、報告書を書いている途中、インターネットで松浦鉄道を見ていました。 すると、2004年度と2006年度に調査をした、福井…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹筋関係 古本 #3 工事期間

旧国鉄宮原線の工事期間については、小国町で発行されていた小国新報と熊本県が調べたものでしかなかった。 小国新報では着工のセレモニーなどのみ、熊本県の資料は●年頃と記されていた。 今回、この古本に、工事期間が記されていた。 廣平、堀田、汐井川、堂山、北里までは、S11(1936)年12月に着工、S13(1938)年10月完成とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清峰高校の応援に竹筋?

今年の3月に、長崎県の佐世保市を走る松浦鉄道にのって、佐世保駅から、松浦鉄道の事務所のある佐々まで通いました。 その時に電車に多くの学生が乗っていました。 それが清峰高校の学生でした。 そのときは学校の名前も知らず、清峰?って感じでした。 しかし、甲子園に出場して大活躍! 以来、今年の夏も応援していました。 Yaho…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州の中の宮原線の位置付け

先日古本屋で、 鉄道100年記念 九州の鉄道の歩み という本を買いました。 当然、調査中の宮原線、松浦鉄道、高千穂鉄道のことが何か載ってないかと思っていたのです。 特に、先日までまとめていた論文中で施工者についてが今一番の関心です。 しかし、100年記念にしては、宮原線のことが全く書いていない! 特にひど~いと思ったのは、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小国町へ

本日、九州から、東京へ帰ってきました。 松浦鉄道では、竹が発見できず、正直、ずいぶん、とっても、めちゃくちゃ、バリ、落ち込みました。 傷心ツアーとして、小国町へ2/9(木)から行き、2/10は疑惑の高千穂鉄道へ行ってきました。 しばらくは、この視察関係について、紹介します。 今日のところは、いつもお世話になっている、木魂館(…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

福井川橋梁の調査(3日目)

本日、コンクリートコアによる目視確認を行いました。 結果は、 見つかりませんでした。 朝から雪が降る中、10:00くらいから1本目のコンクリートのくりぬき作業を行いました。 出てきた時に、コンクリート表面から30cmと60cmの部分に、緑色のものがあり、思わず 「でた!やった!」と叫ぶも、裏返すと、「ない」・・・ 触ると…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

福井川橋梁の調査(2日目)

今日の佐世保の天気は曇かと思えば雨や雪が降る、不安定な天気でした。 現在行っている電磁波による調査は、探査する数を5cm間隔に、縦16本、横11本の計27本行って、その画像を解析ソフトで解析し、コンクリートの内部を可視化しています。 その可視化した画像を元に竹や空間などの判断をしながら、明日から始まるコア抜きの場所を決めています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井川橋梁の調査開始

本日より松浦鉄道の福井川橋梁の調査を開始しました。 本日は調査開始日でもあって、多くのマスコミが取材に来られました。 一部の新聞では明日の朝刊に掲載されるそうです。 また、TVではNHKが、ローカルニュースとして、12時代に放送され、 18時代では全国放送として、紹介されました。 NHKのオンラインニュースの記事を下記に転載し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐世保へ向けて出発

明日からの調査に向けて、本日出発します。 佐世保着は夜になります。 月曜日から火曜日までは、電磁波レーダーによってコンクリートの内部の状況を確認する作業を行います。 その結果をもとに、コア(コンクリ-トをくりぬく)を採取する位置を決定します。 竹の反応が出れば良いです。 しかし、無筋コンクリート橋としても、多分、営業路線では日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸野川橋梁の工事中の写真

佐世保の福井川橋梁などは、まだ工事中の写真などが見つかっていません。 当時の写真をお持ちの方があれば、是非、提供をお願いします。 で、今回は、小国町の幸野川橋梁の施工中の写真を公開します。 これは、旧国鉄宮原線跡地活用検討委員会の活動の中で、熊本市に在住の方から提供を受けたものです。 松浦鉄道もこのような写真があれば当時の状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井川橋梁調査を控えて

昨日、調査の日程についてなどの問い合わせがありました。 NHK長崎と毎日新聞長崎支局からです。 毎日新聞は工学院大学へ直接問い合わせがあり、私の指導教授が受け答えをしました。 マスコミや地元の期待感が伝わってきます。 しかし、調査をする立場では、結構、プレッシャーです。 昔、ゴットハンドと呼ばれていた考古学者が発掘捏造をした事…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新聞記事の転載

昨日はあえてしないと書きながら、夕刊のニュースということと、WEBでは過去の記事が見れなくなってくるようなので、以下に東京新聞の記事を、転載します。 ~~~以下、東京新聞、1/16(夕刊) 転載 鉄筋不足で竹使用? 戦時中建造、佐世保の鉄道橋 鉄筋の代わりに竹が使われた可能性がある松浦鉄道の福井川橋梁=10日、長崎県佐世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新聞に掲載されました

共同通信の取材で、佐世保市、松浦鉄道の福井川橋梁のことが記事になりました。 共同通信の配信記事のため、多くの新聞社で2006.1/16の夕刊の記事として、採用されたようです。 また、一時的にヤフーのトピックスにものったようです。 おかげで、このブログのアクセスが1/16に非常の多かったようです。 竹筋コンクリートが戦前から戦中に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮原線のレールはどこへ?

宮原線は敷設したレール・枕木は剥がされて、どこに行ったのでしょうか。 地元では、「長崎へもって行った」、「溶かして鉄にしたのではなく、線路にそのまま使用した」ということが、小国町の町史にあります。 この時期に敷設、建設された鉄道で、長崎県・・・ そう! 旧国鉄松浦線、現松浦鉄道です。 それも、相浦~真申間、または、潜竜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この橋誰が作った?(松浦鉄道)

竹筋コンクリートについて少しでも理解していただけましたか。 今回は、この橋誰が作ったです。 社団法人日本鉄道建設業協会から、「日本鉄道請負業史 大正・昭和(前期)篇」が発行されています。 この本の中に松浦鉄道の松浦線について書いてあります。 このうち、当時伊佐線として建設された、伊万里~佐世保間について紹介します。 伊佐線…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

幸野川橋梁と福井川橋梁が同じ訳

写真を見て、幸野川橋梁と福井川橋梁の形状が同じなことに気が付かれたと思います。 現在でも土木構造物では、「標準設計図」というものが存在します。 例えば、擁壁などで、「段差高さ2m」のものなどです。 ここに紹介した図面は、1929年(昭和4年)に鉄道省(国鉄の前身)で作成された、無筋コンクリート(鉄筋などが入っていないコンク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉井川橋梁(よしいがわきょうりょう)

佐世保市の松浦鉄道にある、吉井川橋梁(よしいがわきょうりょう)を紹介します。 吉井川橋梁は、1944年(昭和19年)に完成しました。 橋の長さは45.88mあり、アーチの内径は10mのものが4つ連続しています。 この橋は、旧吉井町役場の近くにあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井川橋梁(ふくいがわきょうりょう)

前回、松浦鉄道の簡単な(ではなかったかな?)歴史について、説明をしました。 今回は、福井川橋梁について紹介します。 福井川橋梁は1942年(昭和17年)に完成しています。 橋の長さは79.25m、アーチの内径は20mのものが3つと、12.2mのけた橋が1つとなっています。 形は、写真を見てびっくりだと思いますが、小国町のある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松浦鉄道

前回までで、小国町に現存する7つの橋梁群の紹介は終わりました。 途中で、NHKニュースでも紹介されました、佐世保市の松浦鉄道の2つの橋について紹介します。 まず、松浦鉄道の簡単な歴史について 松浦線はJR佐世保線の有田を起点として、松浦半島を一周する93.3kmの路線です。 もともと、松浦半島にあった大小の炭鉱で掘り出さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKニュースで!

2005年12月23日(木)に、NHKニュースで、当社と工学院大学の共同調査の件が放映されました。 これは、2004年12月に現在の佐世保市(旧吉井町)に現存する、 松浦鉄道の福井川橋梁と吉井川橋梁の2つについて、電磁波レーダー法で探査した結果を、 2005年2月に吉井町へ報告しました。 探査では、鉄筋の存在は確認できず、コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more