テーマ:ウラジオストク

ウラジオストク その後 #6

今回は、インドの時と違い、日本からほとんどの資材や道具を持って行きました。 しかし、持ってきたドリルの径よりも大きな穴をあけたくて、結局買いに行ってしまいました。 ウラジオストクの貸家は、借主がすべてリフォームをするのが普通らしく、週末になると、多くの人で建材店は賑わいうようです。 ウラジオストクではコーナンやいない(これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウラジオストク その後 #5

この教会は、Mother Mary's Parish Cathedral というカトリック系の教会です。 レンガ造に木製アーチが内部に見えきれいな教会でした。 極東工科大学の建築学科に入ると設計製図の時間に、この教会の実測・図面化を行うそうです。 うちの学生は出来るかな?
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ウラジオストク その後 #4

ウラジオストクにはこんな交差点もある。 ラウンドアバウトといい、信号がない、交差点みたいなものである。 さらに、へ~と思ったのは、この中心部に、公園のようなものを作ったこと。 トンネルのようなものを抜けると、中心部に入れます。 上から見ているときは、良いかも!と思っていました。 しかし、行ってみると・・・ やっぱり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウラジオストク その後 #3

この写真、違和感ありませんか? 左は実際に使用されていた潜水艦が展示されていて、道を挟んで5つ星のホテル、道の奥には斜張橋の橋脚、写真の反対側には、歴史的な街並み・・・。 景観って何だろうか。 ウラジオストクの町並みは、非常に古く、いい感じである。 しかし、部分部分に新しいマーケット・百貨店などが進出している。 APE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウラジオストク その後 #2

ウラジオストクで来年、APECが行われます。 そのため、空港から町までの道路や、街の中の公園などの工事が大々的に行われています。 この写真は、5つ星ホテルの建設中のものです。 地震がないからか、多くのRC系のビルでは、フラットスラブ構法で、大梁があまりなく、耐震壁となる壁も少ないようです。 しかし、風は吹くので壁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウラジオストク その後 #1

今日から通常勤務です。 まだ、アップしていなかったので、9/12にウラジオストク港に到着する直前の港です。 天気も良く、非常に良い日でした。 正面に見えるウラジオストク港は、海のターミナルと呼ばれている建物で、1階部分が出入国関連が入り、列車の駅と同じレベルにある部分には、お土産屋なども入っています。 この部分に鳥取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウラジオストク #12

帰ってきました。 無事に? 韓国の東海で一時、韓国に入国し、E-Martで買い物、すぐに出国。 韓国を出て直ぐ、船はえらく揺れました。 若干、ジェットコースター気分。 僕は、なんとかベットにへばりつき、良いはしませんでしたが。 行き(3階)と違い、1階の部屋だったのが良かったのかもしれません。 学生が見てきた様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウラジオストク #11

写真は、除幕式直前の状態です。 スピーカーとマイクはわかりますが、旗?家紋は?なに? そして、始まるまで音楽が流れていたんですが、日本の童謡までは理解できる。 しかし、どさくさに交じって、韓国やインド風なものなど、わからないだろう風に混ぜてくる。 なかなか、笑えるし、海外からみた日本ってこんななんだな~と改めて思いました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ウラジオストク #10

今日は、ウラジオストク市内にある日本人墓地に行ってきました。 市内は渋滞で、結構時間がかかりました。 日本人墓地は、海の墓地と言われるロシア人も埋葬されている場所の一角にありました。 すでに、遺骨収集作業が終わっているので、石碑のみでした。 通訳によると、足の骨の長さなど、日本人のものかわからないものもあり、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ウラジオストク #9

今日は、屋根工事でした。 そして、完成しました。 日本でのシュミレーションが効果があり、4日間かかったのが、3日で終わりました。 建設中は、大きなけがもなく、よかった。 少し、心残りな箇所もありますが、まあ、出来上がった。 色も、以外とマッチしていてよかった。 日本での色だと暗い感じになったかもしれません…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ウラジオストク #8

今日は、午前中は風が強かったのですが、午後には風はやんでしまいました。 しかし、気温は上がらず、寒い一日でした。 今日は野地板張り、破風の取り付けを行い、無事に木造工事を終えました。 しかし、予定していた屋根のルーフィング張りまでは行くことができませんでした。 それは、ほぞがなかなか入らなかったのと同じで、野地板…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ウラジオストク #7

昨日は雨の中での作業でしたが、今日は強風の中での作業でした。 午前中は、少し雨も交じっていましたが、午後には上がったものの、気温は上がらず、寒い一日でした。 しかし、今日から工事本番ということもあり、手際良く行いました。 また、ロシアの学生も手伝いに来てくれました。 昨日モルタルを打設した部分を補修して、鉄骨を据…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウラジオストク #6

今日のウラジオストクは小雨がほぼ終日降る天気でした。 全員、カッパ着用での作業でした。 今日から作業開始とあり、全員、朝は遅れずロビーに集合、徒歩で30分で極東連邦大学へ到着。 僕にとっては、ダイエットのような気もしますが・・・。 足場が、少し組んでありましたが、学生らと組み換えをしました。 同時に、在…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ウラジオストク #5

現地時間 21:40頃 ついに 待望の 連絡が! ついに、やっと、通関しました。 明日、保税倉庫から大学へ移動するための段取りを行います。 これであれば、問題なければ、完成へこぎつけることができると思います。 安心するのは、明日の資材を確認してからですが、なんとかプロジェクトが進みます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウラジオストク #4

未だ税関を通過していないので、予定を繰り上げ、観光しました。 まず、日本人墓地へ行くため、ウラジオストクから空港方面へ、1時間強移動しました。 そこに、昨年11月に、日本政府が建立した抑留者の石碑がありました。 昔は石炭を採掘していたところのようです。 この場所に埋葬されていた方々の遺骨はすでに収集されたと通訳は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウラジオストク #3

本日は、極東連邦大学へ行き、国際部関係者と面会しました。 今回は、東洋学院(日本語を教えている)と、建築学科の関係者も来ていました。 面会後は、東洋学院の学生と会い、学生らと少し話をしました。 午前中は、道具を大学内に運び込み、準備を進めました。 しかし、 今日も、通関せず・・・。 お願いしている会社から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウラジオストク #2

現地時間 22:40頃です。 日本との時差は2時間あります。 船の旅は、韓国を出港して直ぐは大きく揺れ、私も少し酔ったような気がしながら、小さなベットの中で固まっていました。 明け方には、波はなくなり、穏やかな船旅でした。 予定より少し遅れて、ウラジオストク港に到着。 さあ、下船か、と思ったのですが、 なかなか・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ウラジオストクへ #1

昨日、日本の境港港を、DBSフェリーで出港し、ウラジオストクに向かっています。 多くの保護者やI先生、K技術職員と協力を得て、荷物の積み込みなど、バタバタしながら終えることができました。 今は、韓国の東海(トンフェ)という港に寄港しています。 ここで、事件が、 韓国への入国手続きのときに、Y君が予防のためにつけて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

壮行会

いよいよ、今週末に境港港から韓国の東海(トンフェ)を経由して、ロシア ウラジオストクへ向けて出発します。 学生らも、準備をしているものや、まだのもの、さまざまである。 今日は、お昼に、鳥取県日ロ協会の会長が、学生のために壮行会を催してくれました。 気分も盛り上がっています。 ロシアでは極東連邦大学の東洋学院の学生4年生の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

事前建設実習 #4

建設実習は今日で完成しました。 屋根工事のうち、棟の部分が残っていました。 最後は、屋根工事ならではの加工ものが多く、手間がかかりました。 あと、最後に学生のミスも、次々とでてしまい・・・。 大きな声を出してしまった。 僕は、建物を作る、ものづくりとは、顧客があるもので、作ったものは、長く残り、成功…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

事前建設実習 #3

本日からは、屋根工事の開始です。 午前中は、軒先の役物の取付けを行い、ルーフィングを敷き、平板をはっていきます。 役物のコーナー部分や、平板の端部などは、鋏(はさみ)を使ったり、つかみを使って、曲げたりしないといけません。 初めての体験ばかりなのと、屋根の上で大変でしたが、今日も事故もなく終えました。 明日は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

事前建設実習 #2

今日は、日南町の大工さんに指導を受けての2日目でした。 まずは、昨日終わってなかった垂木を取り付け、野地板貼りを行い、屋根に反りをつけるためのキャンバーを付け、さらに2重に野地板を貼りました。 たぶん、外からだけ見ただけではわからないと思います。 最後に、破風と呼ばれる板と登り桟をつけ、木造工事は終了でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

事前建設実習 #1

お盆ですが、今日から、ウラジオストクで建設するものと同じ、木造の屋根の建設を始めました。 今日と明日は、日南町の大工さんに指導していただき、軸組み、棟上げまで行い、垂木を2/3くらい取付けました。 学生らは、安全帯をつけるのも初めてで、当然、付けながらの作業も初めてで、邪魔そうでしたが、安全のため付けて作業をしていました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラジオ出演 Part2

今年2回目のラジオ出演をしました。 BSSでのラジオ出演の様子はこちらです。 http://bss.jp/radio/honpo/ko-index.html 最後の原稿を読むところで、咳が~~。 こらえました。 しかし、原稿を読む部分は、今一つですね~。 さて、ウラジオストクへの準備も徐々に進んでいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立て直すぞ!

先週末の出来事から、立て直しを図っていますが、なかなか・・・。 しかし、輸出については、なんとかなるような感じのところまできた(様な気がする)。 あとは、基礎の建設をどうするかだけど、 これは、最悪、学生たちとともに、コンクリートを練るか!という感じです。 昨日も、学生らとの打合せで、 「なにがあっても、絶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一筋縄では・・・

本日、ウラジオストクへ送る、資材関係を境港へ集め、通関業者へ預けました。 しかし、これで輸出できるわけではなく。 困っています。 ウラジオストクで、荷受けする人が見つからず・・・ というか、この活動をして、サポートしている人が敬遠したようである。 また、金銭的な面もあるようだ。 結局、仕切り直しのようになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

模型完成

ウラジオストク市で建設する、木造屋根の模型が完成しました。 なかなかの、力作です。 8/15からは米子高専内で、建設実習をします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウラジオストク 準備 in日南町

ウラジオストクでの建設作業の準備として、木材に劣化防止のための塗装を行いました。 塗装は、木材の加工を行っていただいた大工さんの加工場のある日南町です。 米子を、朝出て、午前中は、木材の製造工場の、株式会社オロチの工場を見学させていただきました。 午後から、塗装作業でした。 この日も暑く、休憩しながらの作業でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウラジオストクのトイレは、たかい

トイレネタは欠かせません。 これは大学の男性用トイレですが、 写真では気がつきにくいですが、非常に高いです。 僕の身長は173cmですが、それでも高い! といっても、つま先立ちが必要ではありませんが、150cm代の人は、たぶん・・・ 平均身長が大きく違うのでしょうが・・・・。 おどろきです。 あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰国

帰ってきました。 写真はシベリア鉄道の終着駅のウラジオストク駅です。 ここで?と思った。 シベリア鉄道なのに、なぜ始発駅と言わないのか? 現地のガイドにも聞いたが、やっぱり終着駅らしい。 なかなかパワーが必要な国だな~と感じています。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more