テーマ:JICA

インドにて Part2 #2

僕らが帰ってから、屋根をかけて、外壁に色を塗ったトイレの写真が手に入りました。 完成式には、インドのポップスターも来たようです。 JAPAN Design として紹介されたようです。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

インドにて Part2 #1

今回行ったの場所は、インドの南で東海岸にあたります。 タミルナードゥ州のコヴァラム村です。 村と言っても多くの人たちが生活しており、多くの子供もいます。 写真はある学校から下校する女子中学生(だと思う・・・)です。 学校によって、制服があるのは日本と同じで、写真の白い制服のほか、紺色の制服を着ている学校もあります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時差ぼけ @ 米子

昨晩、関西空港に着き、本日深夜に米子に到着しました。 当然のように、時差ぼけです。 インドと日本の時差は3.5時間。 朝が眠い・・・。 本当は、インドで最終日(27日)作業を終えたのち、ブログを更新する予定でしたが、 またしても・・・ パワーカット!!!! インターネット通じず。 +飛行機もインタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉井研 in インド #8

本当だったら、今日が最後の作業日であったはずが、やっぱり明日まで残ってしまった。 昨日、午前中があまりにも暑かったため、今日は、朝飯前のスケジュールとした。 7時スタート、10時上がり、16時スタート暗くなるまでとした。 しかし、7時にはオートリクシャは来ない。 現場へ行ってみると、届いているはずのプレキャストブロッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉井研 in インド #7

今日は、竹筋コンリートの床を脱型して、据え付けて、午後からはプレキャスト工場に注文しているプレキャストブロックを積む作業だ。 が、 またもやインド時間の壁が・・・。 朝食時に電話が入る。 「工場からで、作ったブロックの養生期間が短くて持って行けない。」 できたところまででいいから、もっとこい。 「2回に分けたら、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

玉井研 in インド #6

今日は、昨日できなかった、竹筋コンクリートの床を2枚作り、 「良くできる職人」が残して行ったコンクリートブロック積みを行いました。 いつものように、オートリクシャに乗って、まずは米子+駒沢の学生4名が現場へ出発、 同じオートリクシャが帰ってきてから、玉井ほか3名で現場へ。 行ってみると、すでにコンクリートを練っている様子…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

玉井研 in インド #5

今日は、久しぶりに大きな声になってしまった。 いろいろおな理由はあるものの・・・。 インドにには・・・。 まず、今日の朝、エアコンが止まった。・・・暑い。まあいいか今から外だし。 これがよくある、停電である。 それが、大きなことに発展する。 昨日の最後に、材木屋に頼んでいた竹の切断ができていないことが発覚。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

玉井研 in インド #4

今日も、プレキャスト工場(う~ん、「こうじょう」というより「こうば」かな)で確認作業。 今まで作ったものを再度確認。 やっぱり、穴周辺が崩れている。 で、工場いわく、「型枠が悪い!ので今作っている」 おい、昨日も聞いたぞ! さらに、修正するはずの小さくな型枠は? 「まだ」、「昨日は店が忙しかった。」 おいおい、 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

玉井研 in インド #3

今日は朝9時に工場に行ってみた。 お~!できている。それも4つも(笑)。 いろいろ見てたら、穴の深さが浅い。 なんで? 聞いてみた。 パイプを5cmに切って使ったらしい。指定の深さは5cm。 ふむふむ・・・。 うっ・・・ おまえら、型枠の厚みはどうしたんだ!? 忘れてたらしい。 次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉井研 in インド #2

今日は、昨日注文していたプレキャスト部材の型枠の確認をしました。 時間は3時だったはず・・・しかし、迎えの車は来ない・・・。 で、5時にやっと出発。 業者では、おおむねOKかな? しかし、寸法ミスもあり、指摘をして修正をお願いしました。 その後、コンクリートの調合の確認をしました。 セメントは、フライ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

玉井研 in インド #1

昨晩というか、19日、早朝、現地時間1時すぎにチェンナイ空港に到着。 入国手続き、荷物のピックアップも問題なく、依頼していた車に乗り込む。 しかし、車の運転手にゲストハウスの場所が伝わっておらず、道に迷う。 さらに、村ではお祭りをしており、道は道でなく、夜中の3時過ぎというのに、人ひと・・・。 ようやく、練れるように…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

明日からインドへ

いよいよ、明日、関西国際空港から、香港を経由してインド(チェンナイ)へ向けて出発する。 今回は、3月よりも暑いことは間違いなく、体調管理が重要だ。 さらに、学生も同行する。 学生には、「自分の身は自分で!」と言ってはあるものの、・・・である。 さて、少しはやせるだろうか???
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

インドでのこと #20

そんなこんなで、塀が完成しました。 この写真は、僕が帰国したのち、駒沢大学の学生らと、現地の住民で頑張ってくれた結果です。 僕がいるときには、2スパンのみでしたので。 しかし、僕がいなくてもできるようになったことは、成果の一つでしょう。 良い形で、技術指導ができたのではないかと思います。 今度は、8月にバイオト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドでのこと #19

いよいよ、柵の組み立てです。 まず、穴を掘って、支柱を立てます。 そのあと、パネルを、支柱の溝にそって入れていきます。 この時、ねじってしまうと割れてしまいます。 もう少し、養生をして、強度を出してからのほうが良いと思いますが、 工程的に、超突貫工事でした。 パネルは、大きく、重い・・・。この大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドでのこと #18

翌日、ある程度固まったところで、パネル材を脱型、引き起こしました。 裏の、ブリキ版にでこぼこがあったのところには、絶妙な模様がつきました。 竹筋を入れなかったパネルは、引き起こしの時に、割れてしまいました。 もう少し強度が出ていればよかったのかもしれませんが、あまり時間がかかるのも問題ですね。 これから、柵の組み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドでのこと #17

休憩です。 3月のインドはちょうど日本の夏のようでした。 日本でもインドでも、スイカはうまい!! 現場で、ナラヤナンさんが切ってくれました。 ただし、そのタイミングが、絶妙に悪い・・・。 だって、コンクリートの打ち込み中に出されても・・・。 しかし、うまかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドでのこと #16

モルタルでパネルを作りました。 写真は、タンピングという方法を教えている状況です。 タンピングをすることによって、薄い部材も密実に打ち込むことができます。 洗剤を入れると、モルタルを打ち込んだ後に、表面に浮いてくる水(ブリーディング)が少なくて非常に良い。 一般的なコンクリートには、AE減水剤というものが入ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドの高校生が来校する

5月14日、米子高専にインドからの高校生が来校しました。 これは、(財)日本国際協力センター(JICE)が行っている、 「21世紀東アジア青少年大交流計画」、JENESYSプログラム(Japan-East Asia Network of Exchange for Students and Youths)の一環として行われたもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドでのこと #15

パネルの型枠は、やっぱりレンガ(笑)です。 今度は、レンガにも新聞紙をまきました。 あと、下には鉄板(ブリキ?)を引きました。 レンガに新聞紙をまくと、うまくはがれました。 今回はパイロット工事ということもあり、いくつかのタイプを作りました。 まず、モルタルは、洗剤を入れたものと、入れないもの。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドでのこと #14

塀のパネルの中に入れる竹筋を作っています。 竹を8つに割ったものを、麻のロープで縛っていきます。 これをパネルの中に入れます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドでのこと #13

今度は、きれいに脱型ができました。 パネル材を差し込むための溝を作るために、木材を埋め込んでいましたので、それをバールで取っている様子です。 パイロット工事を行ったとき(3月)のインドは、日本の夏のような季節で、平均気温で26度以上あったと思います。 にしては、コンクリートの初期強度が、今一つ出ていない。 セメン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドでのこと #12

前回、購入した材木屋でまた製材してもらい、今度は木製の型枠ができた。 黒くなっているのは、焼いたからではなく、油みたいな廃油みたいなものを塗ったためで、コンクリートとの付着を軽減するためです。 この形も少し失敗した。 今回は、モルタルではなく、コンクリートを練り混ぜ使用した。 コンクリート用の材料として砕石を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドでのこと #11

結局、日本のレンガよりも表面が荒くで粗であるため、モルタルがガッチリ付着してしまった。 写真は、駒沢大学の学生らが総出で、型枠(ブロック)の脱型作業ならず、解体作業をしてもらっている様子です。 まいった・・・。 ちょっと失敗した。 で、型枠をやはり木で作ることに変更しました。 ついでに、モルタルは練…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドでのこと #10

塀は、支柱とその間に入れるパネルの2つの部材からなります。 まずは、その支柱を作るために型枠を作ります。 インド(貧困地域)では、煮炊きをかまどで行っている家庭も多く、木の類は持っていかれてしまうとのことで、型枠は合板などではなく、レンガを用いました。 (これが失敗なんだが・・・) 場所は、補習校のバトミ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

インドでのこと #9

翌日朝、ホテルからコバラム村へ行く途中で買い物です。 コンクリートを練るための、バケツを買いました。 ここでは、価格の交渉はなく、バケツの裏に値段が書いたシールが貼ってありました。 そうはいっても、その価格が本当かどうかは不明です。 町中に車を止めて、車の行きかう中、道路を渡る。 ちょっとしたアドベンチャー+ゲ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドでのこと #8

竹の次は、コンクリートに溝をつけるための木材を購入に来ました。 ここでも価格や寸法、材種などについて交渉です。 打合せというよりも交渉です。 なんとか、指定の寸法に切ってもらうことが決まり、ひと安心。 インドの材木は松のような木ですが、非常に柔らかく、年輪の間隔も大きいという印象です。 やはり、温かい気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドでのこと #7

なんだか、話し合いの中で突然(でもないか?)明日から作ることになった。 で、竹筋用の竹を買いに行くことになった。 竹屋さんは村(コバラム村)にあった。 同行のナラヤナンさんに、価格などの交渉をしてもらう。 竹屋で8つ割にしてもらうことにした。 納期は明日の朝まで。 買うことが決まった後、長さを指示するもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドでのこと #6

いよいよパイロット工事のスタートです。 写真の場所は、日本の小中学校の生徒が、学校が終わって集まって勉強をする「補習校」です。 写真に写っている、インド人の方がNGOを設立して運営されています。 この補習校の奥に、数年前に作ったバイオトイレがあります。 バイオトイレでできた肥料で植物を栽培していますが、野良牛や野良ヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドでのこと #5

ホテルのエレベーターです。 なにか気がつきませんか? インドは「0」を発見した国!でしたっけ? エレベーターにも0階があります。 エレベーターのドアを閉めるを押すつもりで、間違って非常ベルを押してしまいました。 しかし、誰も来ません(来てくれない??)でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドでのこと #4

香港空港から約5時間で、インドのチェンナイ空港に到着。 ちなみに成田から香港空港までも約5時間でした。 ついたはいいが、なかなか降りれない。 放送が 「地上係員が来ないので待ちます。」 え~~! 日本では考えられん。 やっとドアが開いたが、なんだかみんな降りれない。 ??? どうも、バスが1台で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more