アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「地震」のブログ記事

みんなの「地震」ブログ


地震から1年

2012/03/11 12:06
東日本大震災から1年になりました。

TVなどでも多くの特集をしていますが、今回の地震では、建築構造としてはある一定のレベルまで到達したのかなと思いました。そして次のステージへ進めないといけないと感じました。

それは地震で倒壊した建物は少なく、その後の津波で建物が流される、避難場所とならない等であったと思います。

津波に強い街づくりと構造を考えていかないといけない。

つなみのエネルギーは大きい。
本当に現実的なのか。
考えるところはいろいろあります。

今後も、技術者として進んでいきます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1/17は???

2010/01/18 18:42
兵庫県南部地震から15年がたちました。

当時、私は兵庫県西宮市におり、被災しました。
新井組というゼネコンにおり、甲東園という駅前で再開発の現場にいました。

地震当日は社員寮があったJR西宮駅付近から歩いて現場へ行きました。
道すがら多くの破壊された町、建物、道路、新幹線の高架の損傷を見ました。

現場到着後は、朝、大阪から来ていた職人とともに、人命救助に当たりました。
しかし、すべての方がなくなってしまいました。

15年という節目でもあり、16日(土)、17日(日)と、TVで特番が組まれていました。
TVでは被災した方がなくなる場面もありました。

当時、その場所にいた本人としては、人が亡くなることに悲しいというわけでなく、
その時の思いや、光景が頭に浮かブことにより、涙が自然に出てきました。
あの時、あの場面・・・

15年たっても忘れることなく、ちょっとしたきっかけで、多くのことが思い出されました。
多くの人に伝えていかなくては、と思いました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


専攻科 研究

2009/09/09 20:35
画像


現在、専攻科(高専の5年間卒業後、さらに2年間の課程で、修了すると大学卒業と同じになります。)の学生が、地震体験装置を作っています。

マスコミでよく取り上げられているような、大がかりなものでなく、簡易に、地震に相当する揺れを体験することができないかと思い、なんだかんだと考えて、試作機が出来上がりました。

写真は、装置の上に、200kg位の鉄骨を乗せ、今から学生が上に乗って、体感しようとする直前です。

本当は、動画を!と思ったんですが、僕のブログでは無理なようです。

もう少し、手直しをして、10月10〜11日に米子市内で開催されるイベントに出品予定です。

乗った人は楽しんでくれるかな??
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「地震」ブログ

国立米子工業高等専門学校建築学科 玉井研究室 地震のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる