国立米子工業高等専門学校建築学科 玉井研究室

アクセスカウンタ

zoom RSS 最終日前に

<<   作成日時 : 2009/05/25 08:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

鳥取県倉吉市で開催され、昨日終わりました、
ドールハウス展に行ってきました。

倉吉博物館で行われていましたが、
車で行くと、第2駐車場に回され、
さらに、入るまでに30〜20分待つとのこと。

しばらく待つと空くらしいので、倉吉の白壁土蔵群を見て回ることにしました。
家族と、うろうろして、一口タイ焼きを食べました。
子供には、小さな梨ソフトがサービスでした。
子供いわく、他で食べた梨ソフトよりも、おいしかったそうです。

で、4時30分くらいに再度行ってみました。

5分待ちで中へ。

中も、精巧な模型の前では、みんな十分に時間をかけてみるため、やっぱり渋滞でした。

しかし、子供も、小さな家に大興奮!

帰りに、ミニチュア模型を買って帰りそうになるほどでした。

今年の、夏休みの宿題はこれか???

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
私は大阪の大学で構造について研究しているものです。
今、竹筋コンクリートについて調べているのですが、ブログで紹介されていた山海堂の河村協による著書「竹筋コンクリート」を学内の図書館で探したのですが見当たりませんでした。
そこでよろしければ、竹の引張強度・収縮率などの測定方法について詳しく教えて頂けないでしょうか?
河村著の「竹筋コンクリート」に記載されていると書かれていましたので、その書籍に載っている測定方法、具体的には、どのような機械で測定したのか、竹の寸法はどうしたのかなど、できるだけ詳しくお願いします。
返事は
i_orangemen@yahoo.co.jp
へして頂ければうれしいです。
どうかよろしくお願いいたします。
大学生
2009/06/02 11:38
大学生さん

構造を学んでいるとのこと。
竹の素材試験の方法や、試験の結果については本に書いてあります。
しかし、
一般素人ではなく、研究をしている者->研究者
であるならば、自分で調べることも学びましょう。

教えることは簡単。

調べることで自分の知識になります。
うちの学生も同じです。

学内の図書館にない場合、国会図書館にある場合が多いです。

自分で調べることが、文献調査、文献研究の第一歩です。

頑張りましょう。

こんなこと書くと、嫌われそうですナ。
玉井
2009/06/03 08:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
最終日前に 国立米子工業高等専門学校建築学科 玉井研究室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる