国立米子工業高等専門学校建築学科 玉井研究室

アクセスカウンタ

zoom RSS インドでのこと #16

<<   作成日時 : 2009/05/19 12:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


モルタルでパネルを作りました。
写真は、タンピングという方法を教えている状況です。
タンピングをすることによって、薄い部材も密実に打ち込むことができます。

洗剤を入れると、モルタルを打ち込んだ後に、表面に浮いてくる水(ブリーディング)が少なくて非常に良い。

一般的なコンクリートには、AE減水剤というものが入っています。

減水剤は、セメント表面にマイナスの電子を付着させることによって、セメントを分散させ、流動性を良くするものです。

AE剤は、微細な空気を導入することによって、ベアリング効果によって、流動性を良くするものです。

このような薬を加えない場合、水を加えると流動性は上がります。
しかし、同じ強度を保つ場合、セメントの量も増えるし、水がブリーディングとなって表面に浮いたり、乾燥の過程で体積減少のためひび割れが生じたりします。

AE剤は、表面活性剤といい、これは洗剤などの原料とおなじです。
なので、コンクリートに洗剤を入れると、泡が入り、流動性が良くなります。

しかし、泡の大きさが、AE剤に比べて大きいので性能は良くありませんが、改善はします。

今回、効果が認められたので、次回の工事のときは入れることを標準として考えたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
インドでのこと #16 国立米子工業高等専門学校建築学科 玉井研究室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる