国立米子工業高等専門学校建築学科 玉井研究室

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008年度 材料実習#9

<<   作成日時 : 2008/09/09 08:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


今年のコンクリートに関する実験が終わりました。
高強度コンテストも結果も出ました。

優勝は、71.6N/mm2(W/C=33%)を出した、
「ビカレンジャー」でした。

練りあがったスランプは22cm、空気量は3.3%でした。

若干空気量が多い。

今回使用した粗骨材は、超低品質の再生骨材でした。
それも、昨年の学生が砕いただけのものです。
細骨材も、絶乾密度が2.5を下回るものです。

そんな、品質の骨材を用いたコンクリートにしては、健闘したな〜と思います。

来年は、骨材もずいぶん良くなると思うし、当然80N/mm2をこえるコンクリートを練ってもらいたいものです。
今の4年生も、マゼラー(かくはん機)+手練りのコンクリートでコンテストしますよ〜。

最後に、化学混和剤を提供していただいた、フローリック様、ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2008年度 材料実習#9 国立米子工業高等専門学校建築学科 玉井研究室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる