国立米子工業高等専門学校建築学科 玉井研究室

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008年度 材料実験 #6

<<   作成日時 : 2008/06/17 14:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


鉄筋の引張試験をしました。
写真は、切断された異形鉄筋の断面です。

引張試験をする前に、JIS規定されている異形鉄筋の寸法に合致しているかを、ノギスで測定しました。
日本工学院専門学校で非常勤をしているときから、4、5年続けて鉄筋の単位重量と引張強さを確認していますが、
単位質量は、JISの下限に近く、引張強さはJISの規格の上限に、と傾向はまったく同じです。

ここで、単位質量が軽いということは、公称断面積よりも細いことを意味しています。

引張強さは、試験をした最大荷重を公称断面積で割っていますので、本来の断面積で割ると、もっと大きな引張強さになるということです。
それでもJISの範囲ではありますが・・・。

これで、良いのかな〜と、毎年思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2008年度 材料実験 #6 国立米子工業高等専門学校建築学科 玉井研究室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる