国立米子工業高等専門学校建築学科 玉井研究室

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008年度 材料実験 #1

<<   作成日時 : 2008/04/14 09:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像


米子高専の材料実験の授業は、本科5年生と専攻科1年生であります。

今年度は、私が担当する初年度ということもあり、少し手探りですが、授業の様子などを紹介します。

写真は、杉の圧縮試験をしたあとの試験体の状態です。

破壊の状態が違うことがわかりますか。

中央は、節のない試験体です。
右は、節のある試験体。

では、左は・・・。

実は、試験をする前、48時間くらい水に浸していたものです。

木材の端部が、木の木目に沿ってはがれるようにして壊れています。

当然、圧縮強度も節がないものに比べて半分くらいの強度でした。

教科書などでは、「水分を吸った木材の強度は低い」とありますが、学生実験で実際に確かめることはほとんどないと思います。

今年の材料実験は、通常の実験に加えて、少しだけ、
「教科書で、やってはいけないと書いてあることを、実際にやってみる」
をやろうと思っています。
間違ったことをするとどうなるか、体験してみよう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
お〜面白い。
色々工夫してるのね〜センセ。
やってはいけないことを、社会に出てからやりまくってしまったらこうなるよ〜(アチキのこと)
つねきち
2008/04/14 20:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
2008年度 材料実験 #1 国立米子工業高等専門学校建築学科 玉井研究室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる