国立米子工業高等専門学校建築学科 玉井研究室

アクセスカウンタ

zoom RSS 卒業研究 実験

<<   作成日時 : 2008/04/22 08:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


私の研究は、「コンクリート」に関すること。
米子高専にきて、困ったこと。
ナンバーワン!

コンクリートミキサーがない・・・。

そこで、悩んで、東京(埼玉だっけな?)の試験所の研究者から、面白いことを教えてもらいました。

で、昨日、試してみました。

水セメント比33%、いわゆる高強度コンクリートの入り口付近。

普通ポルトランドセメント+高性能AE減水剤を使いました。
骨材は、学校にあるものを、先週、5年生と4年生はふるい(JISのふるい、ようは小さいということ)で、ふるったもの。特に細骨材の形状が四角い。

まず、左官用の練り鉢に、水+混和剤をはる。
セメントを入れながら、電動かくはん機で混ぜる、混ぜる、混ぜる、混ぜること3分。

以降、練り板に細骨材を引き、練りあがったセメントペーストを入れ、
みんなで練る、練る、練る、練る、・・・・

さらに粗骨材投入。

またもや、みんなで練る、練る、練る、・・・疲れたところで出来上がり。

単位水量の調整を1度やって、2バッチ練りました。

何とか、コンクリートらしくなった。それでもスランプは14cm
骨材の調整と、調合の修正で何とかなりそうだ。

来週の月曜日に、材齢1週間の強度試験をします。

どうなるやら。

しかし、ミキサーほしいよ〜。

・4/24 誤字修正

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
再骨材というのは細骨材とは違うのですか。
リサイクルしている骨材のことを言うの?
川砂利とかじゃないのね。
骨材の形状によって、強度に影響ってあるの?
なんかギザギザいびつな形の粗骨材のほうが、つなぎがいい感じするけど。
でも軽量はまぁるい骨材だもんな・・・。
再骨材
2008/04/24 00:32
ご指摘ありがとうございます。
誤字を修正しました。
骨材の形状や品質(密度・吸水率など)によって、強度は変わります。
玉井
2008/04/24 08:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
卒業研究 実験 国立米子工業高等専門学校建築学科 玉井研究室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる