国立米子工業高等専門学校建築学科 玉井研究室

アクセスカウンタ

zoom RSS 九州 #7 福岡県上陽町

<<   作成日時 : 2007/04/14 13:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

福岡県上陽町
「ほたると石橋の町」のキャッチコピーが町の中心部に看板が多くあった。
しかし、まったく情報を入れてなかったので、素通り
の予定が・・・

画像


車を止めて、家族へ
「石橋があったのでちょっと行ってくる」
家族「・・・???・・・」

で撮って見ました。
周辺をうろうろ・・・橋のたもとに石碑あり。
請負者などが掘ってある。
メモを取っていなかったのでうる覚えですが、完成は大正時代でした。
橋の名前は、

宮原橋

なに、みやのはるばし?

橋のほうを見ると、

みやのはらばし
、とあった。

どうも、宮原という地名、そう小国町の中心部は宮原、廃線となった国鉄の路線も、そう、宮原線。
縁があるのかな、と思ってしまった。

上陽町は石橋の町として売っているようだ。

「九州遺産 近現代遺産編101」監修:国土交通省九州運輸局 九州産業・生活遺産調査委員会
をみると、上陽町の石橋は載っていない。
そこで、土木学会の「日本の近代土木遺産 現存する重要な土木遺産2800選[改訂版]」を見ると、

大瀬橋 石アーチ(凝灰岩) 橋長45.5m 径間長12.0m 3連 大正6年 Cランク

うたい文句は「九州最大の石橋」であった。
しかし、径間12mは大きくない、よね。じゃあこれじゃない???

で、橋石アーチの簡易リストではなく、福岡県の完全リストのほうを見ると、あった!(←ようは簡易リストにもれている!土木学会さん〜〜)
「洗玉橋」
石アーチ(凝灰岩) 橋長32.5m 径間長22.5m 1連 明治266年 Bランク 町指定重要文化財
さらに、石工が橋本勘五郎
橋本勘五郎は熊本県にある通潤橋の石工でもあります。

う〜ん、見に行けばよかった・・・残念。
で、見たい人はここへ
http://www.ajkj.jp/ajkj/fukuoka/jyoyo/kanko/ishibashi/ishibashi.html

う!リストでは宮ヶ原橋???僕が見たものは???
え〜おかしい・・・次回

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
九州 #7 福岡県上陽町 国立米子工業高等専門学校建築学科 玉井研究室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる